クレジットカードの審査について
2016.10.26

サブイメージの画像01
クレジットカードによるカードローンはローンの中でも特に多くの方に馴染みの深い物です。自動車ローンや住宅ローンは特定の品物を購入した時に発生する物ですが、カードローンは特別な物でなくても自在に利用することが出来ます。基本的には使い道は自由であり、フリーローンとも呼ばれます。クレジットカードを作成するためにはまずカード会社に申請を行います。かつては対面での申請が多かったですが、最近ではインターネットで申し込めるところも増えています。生年月日や職業、年収など必要な情報を記入します。カードローンは誰にでも使えるわけではなく、審査をクリアする必要があります。カード会社から見てお金を貸しても大丈夫な相手かどうか見極めるということです。

審査において重要なのが職業です。職業は個々人の収入に直結するので、カードの返済能力がある程度見えてきます。一般的に有利と言われているのが国家公務員です。次いで有利なのが医師や弁護士など免許を要する職業です。高収入も重要ですが、それ以上に安定的に収入を得られるかが重要です。今挙げた職業はあくまで有利な職業であり、一般的な収入を得ていれば問題なくクリアできることが多いです。限度額が低いカードならば、大学生やアルバイトでも作成できる物があります。しかし、気を付けておかなければいけないのが信用情報です。今までにカードローンを利用したことが無くても、住宅ローンや自動車ローンを利用したことがある場合はその返済状況が重要となります。それらのローンにおいて滞納がある場合は信用情報が傷ついている可能性があります。その信用情報はカードローンの審査にも大きく影響します。全く異なる会社でローンを組んでいても信用情報は共有されます。

最近ではスマートフォンをローンで購入して月額の料金ともに返済している方が増えています。ローンが含まれているその料金滞納してしまうと信用情報に傷がつくこともあります。日頃から滞納しないように心がけたり、支払いが遅れる際には事前に連絡をしたりしておくことがとても重要です。カードローンもまた、滞納してしまうとストップが掛かってしまうことがあります。カードローンでブラックリストに入ると、今度は逆に自動車ローンや住宅ローンが組めなくなる恐れがあります。いずれのローンも他のローンに影響を与える可能性を持っています。利用する際には計画的な返済プランが大切です。そこさえ守ればとても便利といえます。

▲ ページトップへ