VISA?JCB?ブランドによる違い
2016.10.26

サブイメージの画像03
クレジットカードを作るとき、多くの人はお店やサービスなどを見るでしょう。航空会社、スーパー、銀行などどのお店で利用することが多いかです。ただしその時にあることをする必要があります。それはブランドを選ぶ必要があります。VISAとJCBは世界的にも代表的なので、どちらを選ぶか迷うこともあります。違いとしては、どこで使うのに便利かです。日本で使うのか、海外旅行で使うのかです。一方は世界的に良く使われているカードで、世界中に利用できる店舗があります。クレジットカードが使えるところならほぼ使えるぐらい利用できます。一方もう一つは世界ブランドでありながら日本発祥です。そのため日本の多くの店舗で利用できます。ただし、世界的には必ずしもどこでも使えるわけではありません。世界で使いたいときでも、使いにくさを感じるかもしれません。

クレジットカードにはいろいろな付随サービスがあります。支払いだけにしか使えないと考えがちですが、海外旅行保険などがつけられることは良くあります。別途保険に入らなくても、一定の補償を受けることができます。この時、VISAとJCBとでブランドの違いを感じるケースが出てくるかもしれません。海外に行けば、必ず日本語が通じるわけではありません。英語ができる人であればそれなりにコミュニケーションが取れますが、日本語しかできないと日本語を話せる人を探す必要があります。一方は日本発祥なので、海外でも日本語での対応を受けることができます。現地のサービスセンターなどに行けば、日本語で受けてくれることもあるので、困ったときに助かります。もう一方は海外では日本語対応してもらえないこともあるので、注意しないといけません。

海外で強いとされるのがVISAのクレジットカードです。海外旅行に行くときに持っていればいろいろな支払いに使うことができます。違いとして、JCBは海外では使える店舗がかなり異なるとされています。では全く使えないかといえばそうではありません。日本以外では、アジア圏ではそれなりにシェアを持っています。また、日本人観光客が多いハワイなどでもそれなりにつかえる店舗が多くなっています。海外旅行をする人でも、アジアやハワイが中心なら、こちらのカードでも十分使うことができます。また、こちらのカードは、別の世界的なカードと提携をしています。そちらのカードが使えるところでは決済機能を使えるので、意外に海外でも使うことができます。

▲ ページトップへ