東京で甲状腺検査ができる病院はどこにあるのか

甲状腺の病気はあまり知られていませんが、患者数の多い病気でもあります。最近では、健康診断で甲状腺を診てくれるので、甲状腺に異常があるかもしれないと健康診断後に検査の出来る病院を探される方が増えています。甲状腺検査は内科で検査は可能ですが、甲状腺は身体の新陳代謝を調整するホルモンを作る器官の為、内分泌内科、内分泌代謝科、甲状腺科といった甲状腺疾患専門の医療機関もありました。また女性の場合婦人科で検査を行うこともあります。東京で甲状腺疾患を受け付けている医療機関は300件以上、内、甲状腺疾患専門の科がある医療機関が80件以上と多いことがわかります。甲状腺の病気の症状は、他の病気と似ている為、甲状腺以外の治療を行うケースもあるようです。もし、治らないなど心配があれば甲状腺の検査を受診することを推奨します。

甲状腺の検査法と甲状腺腫瘍の治療法

甲状腺検査は触診、血液で検査の出来る甲状腺刺激ホルモン検査、甲状腺超音波検査や放射線検査(レントゲン・CT・MRIなど)がほとんどです。超音波などで腫瘍が見つかった場合は、エコーで腫瘍の位置を確認しながら針を刺し腫瘍細胞組織を吸引する細胞診検査が行われます。細胞診検査では良性と悪性腫瘍(癌)があり治療も変わってきます。良性のものは基本的に経過観察ですが大きな腫瘍や悪性の場合は手術で摘出を行うことになります。腫瘍が取り切れなかった場合は放射線治療や抗がん剤治療に移行することもあります。東京の病院に甲状腺癌の再発防止、または再発など起こってしまった場合に甲状腺がんの放射性ヨード治療を行う医療機関が少なくですがありました。ただし放射性ヨードを服用した際に副症状が出てしまうこともあるようです。

甲状腺の代表的な病気、症状と治療法

甲状腺検査で発見できる病気は男性より女性が多くかかります。東京でもメインの甲状腺の病気はそもそもどのようなものがあるか代表的な病気を2つご紹介します。ますはバセドウ病です。バセドウ病は20代から30代の女性に多く見られる病気です。症状は動機や手指の震えなどと甲状腺が大きく腫れたりします。治療は基本的には内服薬での治療になりますが、内服薬での治療がうまくいかない場合は手術になることがあります。次に、橋本病(慢性甲状腺炎)です。橋本病は40代から50代の女性に多く見られる病気です。症状はホルモンが正常の場合は甲状腺の腫れ以外無症状に近いですが、ホルモンが不足すると疲れやすさや脈が遅くなる、寒がり体温が下がるなどの症状が出てきます。治療はホルモンが不足している場合、甲状腺ホルモン剤を内服してホルモンの値が正常になるように補充していきます。