東京の病院でできる甲状腺検査の色々な種類とは

甲状腺は、首の前、喉ぼとけの下にある臓器です。蝶々が羽を広げたような形をしており、15グラムほどの重さしかない小さな臓器です。甲状腺ホルモンを作り、血液中に分泌しています。甲状腺ホルモンとは、体の発育や新陳代謝を促す働きをしているホルモンです。そのホルモンが多すぎても少なすぎても、いろいろな体の不調を引き起こします。原因の分からない体調不良が続いたり、疲れが溜まったような状況が続くようであれば、甲状腺の検査をしてみる必要があるかもしれません。甲状腺検査を東京で受ける場合、専門医を訪れてみるのが良いと思います。一般の内科でも血液検査は可能ですが、専門医ならではの検査や治療が可能になります。どこの病院で検査が可能かは、自身で探してみましょう。まずはインターネットで検索してみます。

甲状腺の異常が引き起こす病気とは

甲状腺の異常による病気には、おもに3つあります。甲状腺ホルモンが多い場合は、バセドウ病です。疲れやすい、だるい、汗を異常にかく、動悸がする、などのいろいろな不調が現れます。逆にホルモンが少ない場合は、橋本病といいます。疲れやだるさが続く、汗が少ない、脈拍数が少ない、などの症状があります。もう一つは甲状腺に腫瘍ができた場合です。普段と違って、疲れやだるさがあまりにも続くようであれば、甲状腺検査をしてみましょう。東京にはいくつかの専門医が存在します。かかりつけの内科でも採決での検査が可能ですが、専門医なら確かな治療が受けられます。しかも甲状腺の血液検査は判定に時間がかかるため、専門医の所でしたら早めに結果を確認することが可能です。気になる症状があれば、一度検査を受けてみてはいかがでしょうか。

甲状腺検査を受けて、早期発見、早期治療

甲状腺検査を東京で受ける場合には、どこが専門医なのか、インターネットで探してみると良いでしょう。血液検査や超音波検査で異常が分かれば、治療を開始することができます。若い女性に多く見られる疾患でもありますので、将来の妊娠や出産に備えて、不調が続くようであれば、受診してみましょう。専門医でしたら、血液検査のほかに、超音波検査や穿刺吸引細胞診などの高度な検査が受けられます。また、重症のバセドウ病や甲状腺がんの診断や治療に必要な、アイソトープ診療設備を備えている病院も存在します。安静にしているのに心臓がドキドキしたり、食欲がないのに太ってしまったり、逆にたくさん食べているのにやせてしまったり、と甲状腺の病気の症状はいろいろあります。気になる方は早めに受診してみることをおすすめします。